生徒が主役〜あなたの生きる力育てます〜

先生方のリレーコラム

2016年度

2017年03月21日

担当者:功刀浩

卒業生として

 1992年3月、私は東海大学甲府高校(当時)を卒業した。奇しくも、入学した年が1989年、そう、平成元年である。今思うと、何か特別な感じを受ける。

 私の在学中に、現在の2号館が建設されることとなり、入学して夏休み明けにはプレハブ校舎で授業を受けた。夏は非常に暑く、冬は厳しい寒さとなる甲府で、私は過酷な高校生活を送ることとなった。しかし、そのことが良かったのか、私たちの学年はとても仲が良く、他学年より団結していたように思う。

 中々体験できない事を体験できた私は、今もさらに貴重な体験をさせてもらっている。そう、かつての恩師と一緒に教師として働いているのだ。現在、勤続11年目となるが、未だに緊張することが度々ある。

 卒業して、母校で勤務しているからなのか、私は今、無性に高校生だった頃を思い出す。辛かったこと、楽しかったこと、良い思い出である。私が今こうしていられるのも我が母校があったからである。私はとてもこの学校を愛している。そして、この学校の生徒も愛している。このような気持ちを持てる生徒をこれからたくさんつくっていきたい。そして卒業生として我が母校に恩返しがしたい。

 最後に、現在私には、今も付き合える同窓生の仲間がいる。今でも良く会い楽しく付き合わせてもらっている。在校生にはそういった一生の付き合いが出来る仲間をたくさんでなくても良いのでつくってもらいたい。そしてこの学校に来て、卒業できて良かったと思ってもらいたい。

 

功刀先生写真.jpg

  • 部活動BLOG
  • 学校案内デジタルパンフレット
  • TOKAI MOVIES
  • パンフレット請求
  • お問い合わせ
  • 東海大学
ページのトップへ