生徒が主役〜あなたの生きる力育てます〜

先生方のリレーコラム

2017年度

2018年02月07日

担当者:藤巻順子

『18歳』

 リレーコラム、今回は3年1組担任の藤巻順子が担当します。

 

 本校に赴任して、早いもので8年目になります。あっという間でした。明るく気さくな先生方、元気な生徒たちに支えられ、毎日楽しく教鞭を執らせていただいています。

 

 私の担当教科である英語は苦手意識を持っている生徒が多いため、少しでも興味を持ってもらうために時々映画を見せています。赴任当初英語科の先生に勧められ、今でもよく生徒に見せている『フリーダム・ライターズ』は、8年前も今も生徒たちが大好きな映画の一つです。これは1999年に出版された"The Freedom Writers Diary"をもとに、2007年にアメリカで映画化された作品です。貧困や人種差別といった、一見生徒たちには無関係な「外国の話」のように思われる内容ですが、高校生の葛藤や苦悩を描いた作品であること、バラバラだったクラスメイトが家族のようにひとつにまとまっていく過程、何よりもこの作品が「実話」に基づいていることが生徒たちの関心を引きつけているのだと思います。

 

 映画の中で、当時のアメリカの高校生は常に死と隣り合わせの生活を送っています。そんな彼らの日常にショックを受けながらも、多くの生徒が「今自分が置かれている環境に感謝して生活しなければ」という感想を持ったようです。

 

 18歳。映画の中で生徒たちが「そこまで生きられれば十分」と語る年齢です。3年生の皆さん、辛いこと、苦しいこともたくさんあったかもしれませんが、無事に18歳を迎えることができたことは本当に幸せなことだと思います。これまで支えてくれた友だち、家族、さまざまな人々に感謝して、これからは誰かを支えられるような存在になってください。そして、最後に...

卒業おめでとう!

  • 部活動BLOG
  • 学校案内デジタルパンフレット
  • TOKAI MOVIES
  • パンフレット請求
  • お問い合わせ
  • 東海大学
  • 東海大学一貫教育センター
ページのトップへ