HOMEスクールライフ

先輩の声

生徒が主役〜あなたの生きる力育てます〜

スクールライフ

先輩の声

本校の在校生、卒業生に学校生活や部活動、進路や就職についてなど、先輩たちにインタビューしました。

在校生からのメッセージ

interview #01

一瀬 早紀さん 吹奏楽部 (市川中学校出身)

私は中学生活3年間吹奏楽部に所属していました。高校でも3年間吹奏楽部を続け技術を磨きたいと思っていました。しかし、勉強も大切なので文武両道を目指せる本校に進学しました。本校は勉強や部活動に対しての環境が整っており、充実した学校生活を過ごせています。また、個性豊かな先生方や友達に恵まれ仲間のありがたさを実感しています。日々の練習を重ね支えてくれる家族や先生方、素晴らしい仲間に心から感謝しています。あなたも充実した学校生活を私たちと一緒に過ごしてみませんか。

interview #02

鈴木 悠太さん サッカー部 (敷島中学校出身)

私は小学校の頃からサッカーを始め、中学校3年の時の選手権での本校の活躍を見て、このチームで全国出場したいと思い入学しました。この目標を達成するために日々の練習に取り組んでいます。また、サッカーを通して、生活面での挨拶やけじめ、規則正しい生活等々、当たり前のことが当たり前にできなければ、サッカーの技術も伸びないし、人としての成長もないことをクラブ活動で学んでいます。付属高校なので受験勉強はいらないので3年間サッカーに打ち込むことができます。サッカーのグラウンドは半面しか無く、決して恵まれているとは言えない環境の中で、監督やコーチは一生懸命指導していただいています。皆さんも本校に入学して、僕たちと一緒に全国大会を目指してみませんか。

interview #03

藤田 萌さん (押原中学校出身)

私の母が東海大学付属甲府高校の卒業生で、楽しかった高校時代の話を折に触れ聞かせてくれました。私は母の話を聞いてずっと東海大甲府高校に入学したいと思っていました。本校の先生方はとても優しく、生徒の事を真剣に考えてくださり、相談に乗ってくれます。入学してほんとに良かったと感じています。また、県内のいろいろな所から通ってくる生徒や県外の生徒もいるため山梨とは違う雰囲気を味わうことができるし、学ぶことが出来るので成長できると思います。優しい先生方と多くの友人に恵まれて、私は毎日が充実しています。皆さんも是非東海大甲府高校に入学して私たちと一緒に楽しい高校生活を送ってみませんか。

interview #04

大塚 晃史さん 吹奏楽部 (北西中学校出身)

私は幼稚園から中学校までピアノを習っていました。中学校では音楽から離れバスケットボール部に入りました。本校に入学してもバスケを続けるつもりでしたが、腰を痛め運動が出来なくなってしまったため、やむなく断念しました。そして出合ったのが吹奏楽部です。もともと音楽が好きだったので入部に迷いはありませんでした。今、バリトンサックスを担当しています。一度もやったことのない楽器なので最初は吹けるかどうか不安でした。しかし、入部してみると高校から始める人が多く、先輩や先生が親切に教えてくれました。そして今まで以上に仲間の大切さや音楽の楽しさを知ることが出来ました。皆さんも是非本校で勉強に部活動に充実した高校生活を一緒に過ごしてみませんか。

卒業生からのメッセージ

interview #05

渡邉 諒さん 北海道日本ハムファイターズ

私は小学生の頃から野球を始め、プロ野球選手になることを夢見ていました。甲子園に行きたい、プロの道に行きたいという思いが強く、ここでならそれが成し遂げられると思い、地元を離れ本校に入学しました。本校での三年間を振り返ってみると、色々なことを学び、様々な経験をさせてもらいました。二年次には甲子園ベスト4、三年次には日本代表として世界2位。そして念願であったプロの道に進むこともできました。本校を選ばなかったら、今の自分はないと思っています。部長、監督、コーチをはじめ、野球部の仲間、先輩達、応援してくれる本校の生徒達、色々な人達と出会い、みんなが私を成長させてくれました。ここまで成長させ、支えてくれた人達のためにも、プロの舞台で活躍することが一番の恩返しだと思っています。感謝の気持ちを忘れず、一日でも早くその姿をみせられるようこれからも頑張っていきます。

interview #06

高橋 周平さん 中日ドラゴンズ

小学生のときから野球を始め、プロ野球の選手になりたいという夢を追いかけてきました。そして本校に入学し一年生から試合に出場させて頂きました。二年次には体を作る為、毎日千本素振り等を行い、自分の思うような打撃が出来るようになりました。
卒業後は憧れだったプロ野球の世界に入ることが出来、将来は後輩たちの目標となる選手になりたいと思っています。本校とともに今後とも応援よろしくお願いします。

interview #07

漆原 英愼さん 東海大学 工学部 航空宇宙学科
航空操縦学専攻

私は、2010年度に本校を卒業し、現在アメリカ・ノースダコタ大学に留学をしています。パイロットを目指し、日本で初の養成専攻である東海大学工学部航空宇宙学科航空操縦学専攻に入学し、夢に向かって努力をしています。高校在学中から特に英語には力を入れていて、学園オリンピック(英語部門)には三カ年連続で出場し、三年次には奨励賞を受賞しました。学園オリンピックではとてもよい経験ができました。
また、三年間サッカー部に所属し、部活動と勉強の両立にも励んできました。高校時代の経験があるからこそ、夢に向けての努力を続けられていると思います。

interview #08

田中 麻美さん 東海大学 法学部 法学科卒

私は、本校を卒業してから大学進学を選びました。この春社会人となり、現在インターネット関連の会社に就職し営業事務として働いております。営業のサポートやお客様の電話対応を行っております。わからないことも多くたいへんな日々ですが、さまざまの知識を蓄えながら日々精進していきたいと思います。高校在学中は生徒会に所属していました。仲間と一緒に目標に向かい達成した感動は今でも鮮明に覚えています。喜怒哀楽があった生活は、私にとってかけがえのない宝物です。本校でたくさんのことを学び支えてくださった先生方がいたからこそ今の自分がいると思います。感謝の気持ちを忘れずに一生懸命頑張っていきます。本校に出会えて本当によかったです。

interview #09

遠藤 恭太さん 山梨トヨタ自動車株式会社
フォルクスワーゲン甲府東

私は、本校を卒業し、東海大学に進学後、現在山梨トヨタ自動車に就職し、自動車の営業として働いています。自動車の販売を通じて、幅広い層のお客様と関わり会うことでき、非常に充実した毎日を送っています。
高校在学中は、サッカー部に所属し、3年時にはキャプテンを務めました。良い指導者、仲間に恵まれ、充実した環境の中でとことん大好きなサッカーに打ち込むことが出来ました。また本校は、サッカーに打ち込みながらも、大学に進学できるのも大きなメリットです。高校生活での、サッカーを通して得たことは今の自分の基盤になっています。これからも本校で学んだことを忘れず、人として成長し続けていきたいです。

interview #10

山本 唯奈さん 健康科学大学 健康科学部
理学療法士科卒

私は本校を卒業して大学進学後、現在は理学療法士として働いています。高校生の頃の私は、なかなか自分の意見をハッキリ言うことが出来ない性格でした。在学中は、吹奏楽部に所属していました。当時の吹奏楽部は部員が急に増え、活動が活発になり始めた時期でした。部員同士でぶつかることも多く何度もミーティングを繰り返し部活を作っていきました。大人数にいる環境の中、自分達でこの部活を作り上げたいと一丸となることで自然と自分の意見を言えるようになりました。社会人になった今でも部員とは頻繁に会ったり、食事に行ったりします。素直に意見を言い合える仲間がいることが今の私にとってかけがえのないものとなっています。

  • 部活動BLOG
  • 学校案内デジタルパンフレット
  • TOKAI MOVIES
  • パンフレット請求
  • お問い合わせ
  • 東海大学
ページのトップへ