生徒が主役〜あなたの生きる力育てます〜

東海大甲府NEWS

17/12/26

冬休み指導を行いました。

 12月22日(金)、冬休み指導を行いました。

 

 明日から冬休みに入ります。それに先立って、休み中の諸注意を含めた集会を行いました。

 はじめに、森永校長から挨拶がありました。その中で、「見えないタスキ」と「初詣」について話されました。我々の生活の中には、先祖、先輩などさまざまな人から受け継いだ「見えないタスキ」が沢山ある。それらを受け継ぎ、次の世代にきちんと引き継いでいくことが大切な仕事の一つである。そんな話をされました。

 「初詣」は、もともとは願いをかけるだけではなく、その願いを叶えるために自分はこんな努力をします、という誓いを立てるものであった。そして、その願い(誓い)の結果を報告するものであったと話されました。一人ひとりがさまざまな願いをかけたと思いますが、その結果は報告しましたか、と問いかけられました。また、ある高僧の話をされました。その僧は「初詣はしない、その代わりに毎年、大晦日の夕陽に祈りを捧げる」のだそうです。そこには「感謝の思いしかない」、ということでした。

 

P1010555_R.JPG 

P1010558_R.JPG 

 その後、森生徒指導主任から、冬休み中の過ごし方として、いくつかの注意がされました。

 冬休みは、夏休みよりも期間は短いですが、いろいろ慌ただしい期間でもあります。そんな時こそ気持ちを引き締めて過ごしてほしいと思います。

 

 

 早いもので2017年も、あと数日となりました。みなさんにとって、この1年はどのような年だったでしょうか。せひこの休みを使って、1年の振り返りと来年の目標を立ててほしいと思います。

 みなさん、良いお年を迎えてください。

  • 部活動BLOG
  • 学校案内デジタルパンフレット
  • TOKAI MOVIES
  • パンフレット請求
  • お問い合わせ
  • 東海大学
ページのトップへ