入試情報

学費・奨学金

学費・諸費用について

入学手続きの際の納入金

入学金

150,000円

施設整備費

140,000円

合計

290,000円

毎月の学校納付金(注1)

授業料

40,000円

毎月の諸費用(注1) 

PTA会費

500円

生徒会費

800円

部活動後援会費

2,000円

学年積立金(注2)

10,000円

合計

13,300円

(注1)年4回(3カ月分ずつ)、銀行口座より引き落としします。
(注2)修学旅行終了後(2年次1月以降)月額3,500円となります。

高等学校等就学支援金について

高等学校等就学支援金(返還不要の授業料支援)の制度改正により、支援が手厚くなりました。

判定基準

世帯収入のめやす

基準 ※下記の計算式による

世帯A

年収590万円未満

154,500円未満

世帯B

年収910万円未満

304,200円未満

世帯C

年収910万円以上

304,200円以上

【計算式】市町村民税の課税基準額×6%-市町村民税の調整控除の額

※詳細は文部科学省のwebサイトをご覧ください。
https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/mushouka/1418201.htm

奨学給付金について

非課税世帯を対象に、授業料以外の教育費(修学旅行費、教科書費等)の負担を軽減する「奨学給付金 (返済不要)」制度があります。支給額は次のとおりです。

給付金支給額(年1回支給)※ 山梨県の場合

世帯区分

支給額(年額)

生活保護世帯の生徒

52,600円

市町村民税所得割額が非課税の世帯の第1子の生徒

103,500円

市町村民税所得割額が非課税の世帯で15歳以上23歳未満の子を2人以上扶養している世帯の第2子以降の生徒

138,000円

  • 第1子、第2子とは、15歳以上23歳未満の子どものうち、保護者等が扶養している子どもを、出生順でみたときの高等学校に在学している子どもの順位をいいます。

  • 給付金の申請は保護者の方がお住いの都道府県で手続きしていただきます。

  • 山梨県外の方は各都道府県にお問い合わせください。

奨学金、その他学費免除制度(本校独自)

入学時の奨学金制度について

学業奨学生制度

特別奨学生

対 象

・学習面において特に優れ、人物・生活態度が良好な生徒
・第Ⅰ期入学試験の単願受験者で、「特進コースA」の志願者

特 典

SS1奨学生

入学一時金全額(29万円)と授業料全額(月額上限4万円)を支給

SS2奨学生

入学一時金全額(29万円)と授業料半額(月額上限2万円)を支給

SS3奨学生

入学一時金全額(29万円)と授業料1/4(月額上限1万円)を支給

備考

詳細はお問い合わせください。

チャレンジ
奨学生

対 象

・学習面において特に優れ、人物・生活態度が良好な生徒
・第Ⅰ期入学試験の単願受験者で、「特進コースB」「総合進学コース」の志願者

特 典

SS4奨学生

入学一時金全額(29万円)と授業料1/4(月額上限1万円)を支給

S奨学生

入学一時金全額(29万円)を支給

A奨学生

入学金(15万円)を支給

備考

詳細はお問い合わせください。

部活動奨学生制度

部活動
奨学生

対 象

スポーツ、文化活動面において優れた技能や能力を有し、本校部活動で活躍が期待され、中学校長から推薦があった生徒
※日本高野連の規定により、野球部は5名以内

特 典

本校部活動顧問が提示

備考

詳細はお問い合わせください。

(注1)
学業奨学生・部活動奨学生とも、奨学金の支給額は、授業料(4万円)から高等学校等就学支援金を差し引いた差額分を基準としています。

(注2)
学業奨学生と部活動奨学生の重複採用はできません。

(注3)
部活動奨学生が入学試験の結果、学業奨学生の対象となった場合には給付金額の最も大きな制度のみ適用されます。

入学後の奨学金制度について

全てのコースが対象となります。

  • 東海プログレス奨学生
    入学後、一定の基準を満たした成績優秀者には奨学金を給付します。

  • 東海大学学業奨励奨学生
    人物・性行が良好で、入学後に経済的支援を必要とする状態になった生徒に、東海大学から10万円の奨学金が給付されます。(東海大学が審査します)

  • 東海大学入学金減免制度
    付属推薦制度により東海大学へ入学する場合は、東海大学の入学金が半額になります。

入学金免除制度について

入学金免除制度

対 象

第Ⅰ期入学試験の単願受験者で、卒業生の子女・弟妹、在校生の弟妹に該当する生徒

特 典

入学金(15万円)を免除

申込手続

『入学金免除申請書』を保護者が本校に提出
『入学金免除申請書(PDF)』をダウンロードする

  • これらの制度は申請書に基づいて選考をおこないます。選考結果通知は合格発表と併せておこないます。

  • その他詳細については、本校にお問い合わせください。

公的奨学金制度について

山梨みどり
奨学会

対 象

山梨県内に住所を有する保護者の子女

貸与金額

自宅通学30,000 円(月額) 自宅外通学35,000 円(月額)

基 準

《学力》向上心に富み有能な資質を持つ生徒で あり、学業を確実に修了する見込がある生徒 

《主たる家計支持者の収入基準額(目安)》
給与所得の場合:4 人世帯 809 万円(収入金額)
給与所得以外:4 人世帯 343 万円(収入金額 - 必要経費)

返還の有無

卒業後返還(無利子)

交通遺児育英会

対 象

交通事故で亡くなられたり、
著しい後遺障害で働けない保護者の子女

貸与金額

月額 20,000 円、30,000 円、40,000 円から選択

基 準

《学力》不問

《収入基準額》
給与所得の場合:3 人世帯 780 万円(収入金額)
給与所得以外:3 人世帯 360 万円(所得証明書の所得金額)
※遺族年金や障害年金は考慮しません。

返還の有無

卒業後返還(無利子)

あしなが育英会

対 象

病気や災害、自死などで亡くなられたり、
著しい後遺障害で働けない保護者の子女

貸与・給付金額

貸与月額 30,000 円
給付金額 20,000 円
※貸与のみ、給付のみの選択はできません。

基 準

学力、家計ともに不問

返還の有無

卒業後返還(無利子)※貸与分のみ返還

  • 山梨みどり奨学会については、家計基準にあてはまらない場合でも、特例により申し込むことができます。

  • その他詳細については、本校にお問い合わせください。